激しい運動や食べることを我慢するダイエットは大変ストレスがたまりますよね。そして、きっと長くは続かないのではないでしょうか?そこで、いつものおやつをケーキやスナック菓子から寒天を使ったものに変えてみることからはじめてみませんか?カロリーを抑えることだけでなく、腸をきれいにしてくれる作用もあるダイエットにもうれしい健康食品である寒天。作るのも簡単ですから是非チャレンジしてみてくださいね。いろいろな料理に混ぜて食べれば、毎日摂取することもできますね。寒天商品を使った、無理のない健康的なダイエットをはじめませんか?

角寒天

本 角寒天

棒寒天ともいう。
厳寒の太陽のもとで凍結乾燥させた状態のもの。
四角い棒状になっている。
1本は約8gで粉寒天4gと同じ程度の凝固力がある。
調理する前に30分以上水につけてやわらかくする必要がある。
主産地は長野県。
てんぐさとオゴノリを混ぜて作られる製品がほどんど。

<使い方>
1.たっぷりの水につけ、15分から30分くらいふやかす。
2.充分にふやかした寒天はふきんなどに包み、よくしぼって水気をきる。
3.細かくちぎって鍋に入れ、寒天1本に対して水(料理によってはだし汁など)2.5カップを加える。
4.中火にかけ、沸騰してきたら弱火にし、自然に煮溶かす。

細寒天

本 細寒天

糸寒天ともいう。
細寒天24〜26本で約8g、角寒天1本分の分量になる。
煮溶かして一度固まったものは離水しにくいため、伝統的に和菓子に使用されている。
水につけてやわらかくしたものをそのまま食べた場合も歯ごたえがよいのが特徴。
一般に、細寒天はてんぐさが100%。

<使い方>
1.さっと洗ってごみを取る。
2.たっぷりの水につけてもどす。夏は15分、冬は30分くらい。
3.やわらかくしたら、よくしぼってそのまま料理に使う。角寒天同様、煮溶かしても使う。

粉寒天

本 粉寒天

粉末状の寒天。
最も手軽に使いやすいタイプ。
数gから数kgの色々なサイズの製品がある。

<使い方>
4gが角寒天1本分に相当する。
そのまま飲み物や煮物に入れる。
使いやすさが大きなメリット。
粉寒天はオゴノリを工業的に化学処理して作られている。
品質が安定している。

その他

本 できあがってるもの

寒天ラーメンやゼリーなど、
もう製品としてできあがっている物や、
コーヒー味やオレンジ味の付いてる物もある。
健康食品などとしてたくさんの製品が出回っている。


本 サプリメント

手軽に寒天が摂れるようサプリメントになった物もある。
こちらも各種販売されている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。